20代での保健師転職なら

20代での保健師転職なら

保健師は、看護師に比べると比較的安定した就業環境で働くことができるといわれています。厳しいシフトや仕事上のプレッシャー、人間関係の問題といった悩みも少なく、また保健所・保健センターなどでは公務員の立場で雇用されるといった特徴があるからです。ただ、近年では保健師の業務や働く場が多様化しており、これまでとは違った形での離職・転職が増えています。

では、20代の保健師が転職を目指す場合にはどうすればよいのでしょうか。20代という若い世代が転職を目指す場合には、メリットとデメリットが極端に分かれます。メリットはやはり若いこと。再チャレンジが容易にできる立場となりますし、雇う側としてもこれから必要とされるスキルを時間をかけて身につけさせていける面があります。また、給料などの待遇もそれほど高いものを用意する必要がないうえに、保健師として必要な最低限のスキルは身につけているため、雇いやすいという面もあります。

一方、デメリットとしてはやはり職歴のなさ、あるいは短さでしょう。教育する時間があることと、即戦力として役に立たない点は紙一重です。とくに企業保健師など就職してすぐに活躍することが求められている場合には、大きなマイナスポイントとなります。また、20代での転職はひとつの職場であまり長い間勤務していないことを意味しており、「雇ってもどうせまたすぐに辞めてしまうのではないか」と疑問をもたれてしまう面もあります。

こうしたメリット、デメリットを踏まえたうえで、20代での転職を目指す必要があるわけです。ポイントとしては保健所・保健センターなど、比較的就職しやすく、時間をかけて仕事を覚えられる職場を選ぶことでしょう。これらの選択肢は安定した就業環境が期待できるため、その後は長く働き続けられる面もあります。

一方、上述したような企業保健師などの即戦力が求められる仕事はあまり適さない面もあります。ただ、企業保健師や保育園などでの需要は比較的近年から求められているため、まだ経験を積んでいる人が少なく、未経験でも応募可能なケースも少なくありません。ですから、求人情報をよくチェックすることが重要となります。

こうした点から、転職エージェントの利用が選択肢として浮上します。保健師・保健センターの求人は数が少なく、非公開求人などの形で募集が行われることが多いため、転職エージェントの利用が不可欠といってもよいのです。また企業保健師などの場合は、より細かい求人情報の内容を知る必要も出てきます。看護のお仕事、ナースフル、ナースではたらこといった転職エージェントではそうした必要な情報を得ることができるはずです。

転職を検討中の20代の保健師の方は以下のランキングをご参考に!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
【マイナビ看護師】 無料 全国 ★★★★★ 詳細
<<「マイナビ看護師」 おすすめポイント>>
■「失敗しない転職活動」をモットーに保健師転職業界でも知名度の高い「マイナビ
 看護師」が1位に輝く!転職大手マイナビグループが運営するサービスです。


>>>公式申し込みページへ進む

>> 2位以降のランキングはコチラからチェック! <<


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2016 保険師の転職ガイド All Rights Reserved.