30代での保健師転職なら

30代での保健師転職なら

保健師が30代で転職を目指す場合、人によって置かれている環境に大きな差が生じているケースが多くなります。ですから、年齢だけでなく、それまでのキャリアや環境が大きくモノをいってきます。30代での転職が有利になる人と、逆にマイナスになってしまう人が出てくるわけです。

では、有利になるのはどういったタイプでしょうか。やはり着実に職歴を重ねてきた人となります。ひとつの職種で堅実にキャリアを重ね、その分野なら即戦力として働ける場合、職場を見つけやすくなるでしょう。また、雇う側からも長く働いてくれる人材だと評価してもらうことができるはずです。

一方、マイナスになるのは職歴がバラバラな人。20代のうちから何度も転職を繰り返し、特定の分野で職歴を重ねておらず、とくにアピールする要素がない場合には、やはり不利になります。30代になってから新たにスキルを身につけるのは雇う側にとってコストがかかりすぎますし、「教育したところでどうせすぐに辞めてしまうのだろう」と判断されてしまいます。ですから、30代での転職の場合、自分がどんな環境にあり、転職を有利に運べるのかどうか客観的に判断したうえでタイミングを見計らう必要があるわけです。

こうしたポイントを踏まえたうえで、30代での保健師転職を目指す場合にはどうすればよいのでしょうか。まず職種を絞り込むこと。保健師が働く場が多様化していますが、給料や就業環境に釣られて、目に付いた求人を片っ端から応募する、といった形ではなく、自分の能力がアピールできそうな職場、あるいはキャリアアップに役立ちそうな職場を選び抜いた上で応募する必要があるのです。この点においても自身の客観的なキャリアの分析が求められるでしょう。新しい職種にチャレンジする場合にも、できるだけこれまでのキャリアが活かせるものにしましょう。

また、履歴書や職務経歴書を作成する際にはできるだけわかりやすく、自分のこれまでの職歴をアピールできる内容にすることも大事です。面接での応対も同様です。そんな場合に役立つのが転職エージェントのサービスです。看護のお仕事、ナースフル、ナースではたらこなどの転職エージェントでは、保健師の転職情報を幅広く扱っている他、転職を支援するさまざまなサービスを行っています。

面接対策、履歴書、職務経歴書の作成のアドバイスから、面接日時、条件交渉の代行なども行ってくれるため、万全の状態で転職活動を行っていくことができます。ぜひこうしたサービスをうまく活用し、30代の転職を実現するようにしましょう。

転職を検討中の30代の保健師の方は以下のランキングをご参考に!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
【マイナビ看護師】 無料 全国 ★★★★★ 詳細
<<「マイナビ看護師」 おすすめポイント>>
■「失敗しない転職活動」をモットーに保健師転職業界でも知名度の高い「マイナビ
 看護師」が1位に輝く!転職大手マイナビグループが運営するサービスです。


>>>公式申し込みページへ進む

>> 2位以降のランキングはコチラからチェック! <<


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2016 保険師の転職ガイド All Rights Reserved.