40代での保健師転職なら

40代での保健師転職なら

40代になるとよくも悪くも「潰しがきかなくなり」ます。新しい職種にチャレンジしようとしても時間的にも適応力の面でもなかなか対応が難しいからです。また、雇う側も即戦力として役立つ人材でもない限り、40代での雇用はほとんど行わないといってよいでしょう。それは専門職である保健師においても同様です。

40代の保健師が転職を目指すなら、これまでに身につけたスキルをどれだけアピールできるかが最大のポイントとなります。これくらいの年齢になれば単に保健師としての仕事だけでなく、責任ある立場を任されてきたケースも多くなるでしょう。そういった仕事で培ってきたマネジメント能力などを履歴書・職務経歴書でうまくアピールすることが重要ですし、その能力を活かせる職種を選ぶことが求められます。

逆に言えば、そういったアピールできる能力・キャリアがない場合にはかなり苦戦が強いられることになります。若いうちから転職を繰り返してきた人と、着実にキャリアを重ねてきた人の間で決定的ともいえる差がつく場合も考えられます。

40代でも転職しやすい職種とそうでない職種もあります。たとえば、保健所や保健センターといった安定した就業環境が見込める職場への転職は難しいと見たほうがよいでしょう。やはり若い人材を確保する傾向が強いからです。一方、企業保健師や保育園、診療所などでは即戦力が求められるため、豊富な経験を重ねている40代の保健師はかえって歓迎される傾向があります。先ほど新しい職種へのチャレンジは難しいと書きましたが、企業保健師などは、そもそも需要が増えたのがごく最近のことですから、過去のキャリアをあまり気にせずにチャレンジできる面があります。

40代の保健師の転職に関してはもうひとつ、ブランクについても述べておくべきでしょう。女性のなり手が多い仕事のため、結婚・育児によるブランクも考えられます。長いブランクから40代になって復帰を目指す場合、やはり大きな不利を背負うことになります。その場合には、保健師向けのセミナー・講習会などに参加し、ブランクを取り戻す対策を行ってから転職活動を行うと良いでしょう。

年齢による不利があるため、求人情報をどれだけ効率よく集められるかもポイント。一般公開の求人サイトでは十分とはいえないため、転職エージェントの利用がお勧めです。看護のお仕事、ナースフル、ナースではたらこといった転職エージェントなら、非公開求人も含めた多彩な求人情報を入手することができます。また、条件交渉などを専門のスタッフが行ってくれるため、年齢の不利をカバーしながらの転職活動も可能となります。

転職を検討中の40代の保健師の方は以下のランキングをご参考に!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
【マイナビ看護師】 無料 全国 ★★★★★ 詳細
<<「マイナビ看護師」 おすすめポイント>>
■「失敗しない転職活動」をモットーに保健師転職業界でも知名度の高い「マイナビ
 看護師」が1位に輝く!転職大手マイナビグループが運営するサービスです。


>>>公式申し込みページへ進む

>> 2位以降のランキングはコチラからチェック! <<


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2016 保険師の転職ガイド All Rights Reserved.