保健師の履歴書の書き方

保健師の履歴書の書き方

保健師の方が転職するときには、時期によって求人が多い時期もあり、少ない時期もあるでしょう。一般的に、年度の開始となる4月や賞与が出る7月、12月の時期は、比較的に求人が出てくる時期と考えられます。この傾向は一般の企業などでも同じでしょう。自治体の施設などでは、年度の初めである4月のみの募集ということもあるようです。また、産休等で退職する、休暇を取るというような場合に伴う募集は、特に自治体などでは考えられますし、企業などでも起こり得ますので、突発的な求人はあるでしょう。このようなことから転職するときには、余裕をもって、情報収集を常に行い、準備をすることが大切です。

転職情報を収集するには、上司や知人からの情報などがあれば有効でしょう。そうでなければ、ハローワークや求人誌などありますが、今では転職紹介のサイトがたくさんあります。最近は多くの人がインターネットを利用して、求人情報を収集しています。看護師や保健師の医療系求人に特化しているサイトもありますので、このようなサイトでは登録をすると、悩みや不安の相談もできますので、とても心強いものです。転職に関わる情報も得られますので、有効に活用できるはずです。

そして、応募する先が決まれば、その病院や企業に連絡をして、応募書類を作成することになります。その中の1つが履歴書です。希望する職場がもし応募が多いようなときは、書類選考になることも多いようです。そんな場合に、履歴書と職務経歴書の内容がとても重要になってきます。書類選考で不採用になるのはできるだけ避けたいので、基本的な履歴書の書き方はマスターしておきたいですね。

履歴書の書き方は、基本を押さえておけば難しいものではありません。しかし、基本ができていないとマイナスになることがあります。最近では、パソコンで履歴書を作成する人も多くなっているようですが、履歴書は手書きが基本です。これは社会人としての基本マナーとも言えますので、注意しましょう。そして、履歴書写真は実物並みか、実物より良いものを選ぶことをお勧めします。

また最近は、メールに添付して履歴書を送ることも多いようです。メールに添付するときは、パスワードを設定して送るようにしましょう。パスワードは別のメールで送るようにします。

履歴書や職務経歴書に書いた内容は、面接の際に再度聞かれることになります。「自己PR」や「志望動機」など、一度書いた後に、再度練り直してみましょう。職歴に関しては書面で把握できますが、「自己PR」や「志望動機」は面接のときに話すことにもなりますので、その点も踏まえて書くことが大切です。

履歴書のチェックに以下の求人サービス(無料)を利用しよう!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
【マイナビ看護師】 無料 全国 ★★★★★ 詳細
<<「マイナビ看護師」 おすすめポイント>>
■「失敗しない転職活動」をモットーに保健師転職業界でも知名度の高い「マイナビ
 看護師」が1位に輝く!転職大手マイナビグループが運営するサービスです。


>>>公式申し込みページへ進む

>> 2位以降のランキングはコチラからチェック! <<


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2016 保険師の転職ガイド All Rights Reserved.